はじめに

こんにちは! COURSE(コース)編集部 千葉です。

6回目となる今回は、クリエイティブな業界に今年入社して、もうすぐ3ヶ月目のタニシさんにインタビューしました!

タニシさんは夢を追うために進学希望だったのですがある事情で就職することを決め、現在夢を叶えるために日々奮闘中です。

高3の6月まで進学志望だった!

ちば
タニシさんの現在までの経歴を教えてください。

タニシさん
今年の春高校を卒業して、4月に地元の会社に就職しました。

ちば
なぜ進学ではなく就職にしたんですか?

タニシさん
実は、高3の6月後半あたりまで夢を追うために進学希望でした。

ちば
そうだったんですか!

タニシさん
でも、私の家庭は姉妹3人と母一人で、金銭的には難しい状況だったんです。

タニシさん
なのに、母は私たちを心配させないように色々な仕事を掛け持ちしながら不自由なく上2人を進学させていて、

タニシさん
せめて私の金銭面だけでも少しは楽をさせてあげたいと思い、進学は一旦保留にして、就職しようと決めました。

ちば
地元以外での就職は考えていましたか?

タニシさん
都会で就職することもできたんですけど、あと少しで定年する母を一人残すことが出来なくて。

タニシさん
とりあえずその間まで地元で暮らそうと決めて地元就職にしました。

ちば
この会社はどうやってみつけましたか?

タニシさん
フリーマガジンのバイト求人を見てバイトから入ったのが始めです。

ちば
バイトからだったんですね!!

タニシさん
最初は、現在の夢を確立するまでにいろんな夢で迷っていました。

タニシさん
だからとりあえず興味のある職の仕事を体験をしてみたくて、美容院や飲食店で働いた後、最後に出会ったのがこの会社でした。

ちば
高校生の時からバイトを使って夢を探すってすごいですね。

タニシさん
今の会社にバイトで入ったら仕事がすごく楽しくて。

タニシさん
職場環境もしっかりしていて働きやすく、ここに就職したいと思うようになりました。

タニシさん
求人は出ていなかったんですけど、悩んでいる時に丁度店長に声をかけていただいて試験を受けることができました。

夢を見つけたのは高校時代

ちば
その夢を目指すきっかけはなんでしたか?

タニシさん
瞬間的きっかけは分からないんですけど、高校の時に仲良くなった子と趣味で撮影会をしていたのは結構大きかったです。

タニシさん
何回かやっていくうちに、好きなことが夢になったという感じですね。

ちば
面接内容はどんな感じでしたか?

タニシさん
なんか、本当にゆるくて(笑)

タニシさん
いや信じられないくらいゆるくて(笑)
面接というかほぼ世間話に近い形でした。

ちば
就職するまでに頑張ったことはありますか?

タニシさん
遅刻しないように頑張っていました。(笑)

タニシさん
中学の時から、自分の身体を扱うのが難しく朝起きれなくて、高校進学も危ういくらいほとんど学校へいけなかったんです。

タニシさん
でも高校に入ってからは、「卒業は絶対する」という目標で、遅刻してもそのまま休むんじゃなくてとにかく行く。という感じで頑張っていました。

ちば
バイトから社員に変わって何か変わったことはありますか?

タニシさん
責任感と向上心です。

タニシさん
バイトの時は「どうせバイトだから~」みたいな感じだったんですけど、就職したら「どうしたら〜」って会社とお客さんのために考えるようになりました。

ちば
仕事内容はなにか変わりましたか?

タニシさん
そうですね、バイトではなかったお金の管理も関わるようになりました。

タニシさん
あとは、バイトからやっていた撮影や販売をするという感じですね。

ちば
技術を学べるのは良いですよね!

タニシさん
はい、今の会社に入る決め手の1つでもあったんですけど、楽しくお金を稼ぎながら学べるというのは本当にありがたいなと思います。

ちば
その中でも楽しい仕事と苦手な仕事を教えてください。

タニシさん
苦手な仕事は、まだ慣れていないってゆうのもあるんですけど、着付けですね。

タニシさん
七五三などの撮影の時に、着付けやヘアセットも私たちがやるんですけど、それをどこまで短い時間に短縮して、小さい子が楽しく撮影できるようにするかというのは難しいです。

ちば
楽しい仕事はなんですか?

タニシさん
カメラマンを担当する時です。

タニシさん
モデルさんとコミュニケーションをとりながらやるので大変ですけど楽しいです。

ちば
やりがいを感じる時はどんな時ですか?

タニシさん
個人的には、良い写真が撮れた時です。

タニシさん
スタジオと普段趣味で撮る外とでは、全然撮り方が変わってくるので、ライティングを試行錯誤しながら、良い写真が撮れた時は本当に嬉しいです。

タニシさん
あと、私が撮影から写真のセレクトまでを関わったお客さんに、たくさん買ってくださったりするのも本当に嬉しくやりがいを感じます。

ちば
仕事上の悩みなどはありますか?

タニシさん
悩み、、、、、特にないです(笑)

タニシさん
強いて言えばPCで目が疲れるくらいですね(笑)

ちば
PCでも作業するんですね!

タニシさん
そうですね、ソフトを使って写真を修正したりするので使います。

ちば
大変ではなかったですか?

タニシさん
いや、高校時代に写真をSNSへ載せる時、加工修正をスマホのアプリでよくやっていたのでそれと似ていて割と覚えは早かったです。

ちば
入社してから2ヶ月経ってなにか変わったことはありますか?

タニシさん
やっぱり友人がいないことですね。

タニシさん
私のクラスは結構都会へ行った子が多いので取り残された感はあります(笑)

この会社に貢献したい

ちば
地元就職のメリットを教えてください。

タニシさん
メリットは、悩みのタネが少ないことだと思います。

タニシさん
外へ行っている子は、生活も環境も人も違う場所で大変だと思うのですが、地元は新しい仕事場だったり学ぶ場で頑張れば、生活はほとんど変わらないのでそこがメリットだと思います。

ちば
逆にデメリットはなんですか?

タニシさん
デメリットはさっきも言ったんですけど、友人がいなくなったことです(笑)

タニシさん
そして、夢のある子だったら可能性の場は少ないです。

ちば
発信する場所が少ないということですか?

タニシさん
それもありますし、都会にいれば業界の人とのつながりが増えやすいと思います。

タニシさん
あと、業界に特化している学校へ行けばもっと可能性が増えて人脈が広がります。

タニシさん
そこを思うと時間がもったいないなと感じてしまいますね。

ちば
将来的にしたいことや目標はありますか?

タニシさん
最初はお金を貯めるつもりで就職にしたんですけど、今は仕事が楽しいので、行けるとこまで頑張りたいです。

タニシさん
でも将来的には、自分で撮りたいものを撮って且つそれが求められるような写真家になりたいです。

タニシさん
カメラマンではなく写真家、ですね。

ちば
なるほど、めちゃめちゃかっこいいです。

タニシさん
責任感がなかったバイト時代には、「お金貯めて勉強しながらある程度したらやめよう」っていう軽い気持ちだったんです。

タニシさん
でも就職して「もっとこの会社に貢献したい」と思うようになって、自分のことばかりじゃなく、会社のために頑張りたいと考えるようになりました。

タニシさん
将来独立してもこの会社を見捨てるような独立の仕方じゃなく、ここで働いていたというのも一緒に発信していきたいです。

ちば
今、地元に残るか出るかで悩んでいる子がいるとするならどうアドバイスしますか?

タニシさん
そうですね、、私は、親のせいにするわけではないんですけど、この件がなかったらいつでも外にでたいと思っています。

タニシさん
なので出れる環境ならで出た方がいいと思います。

ちば
高校生にメッセージをお願いします!

タニシさん
う~ん、、メッセージ(笑)

タニシさん
あでも、メッセージというかアドバイスになるけど、絶対素直さが大事です。

ちば
タニシさん、ありがとうございました!

まとめ

たとえ進学できなくても、自分の夢を追うためにまた違った方向で努力している姿がとても素敵です。

また入社3ヶ月でここまで今と将来のことを考えながら生活していると、これからのタニシさんの未来が気になります!!

地元でも、将来都会へ出ても今のような強い志で夢を追っていってほしいです。

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事