神岡鉱業 株式会社さん

社長からのメッセージ


神岡鉱業 株式会社 代表取締役社長 中山 惠造さん

失敗を恐れずチャレンジしてもらいたい

われわれの事業の中心はリサイクル原料を含むさまざまな原料(自動車用廃バッテリーなど)から、
鉛や亜鉛の地金を生産する金属リサイクル・製錬事業、スマートフォンを始めとした

電子機器などの回路材料に使われる金属粉事業、地下利用事業等です。

当社の歴史は古く、明治7年に三井組が神岡鉱山の鉱業権を取得したことが発祥でした。
三井金属鉱業株式会社から1986年に分離・独立し現在の神岡鉱業株式会社となりました。
以前は鉱山内で採掘していた原料から鉛・亜鉛を製錬していましたが、鉱物の減少など時代の流れにともない、

現在のリサイクルによる製錬に移り変わっています。
その中で当社では「環境安全最優先」を最重要方針に掲げ、継続的な環境改善に取り組み、
また10ヶ所の水力発電所とリサイクル製錬を通じて環境に優しく持続可能な社会に向け「資源循環事業」の確立を目指しています。

また、地下利用事業では、小柴昌俊東大名誉教授が「カミオカンデ」での研究でノーベル物理学賞を受賞、
梶田隆章東京大学宇宙線研究所所長が「スーパーカミオカンデ」での研究でノーベル物理学賞を受賞し、神岡町は全国・世界的にも有名になりました。
その他さまざまな研究施設の集積が進んでおり、最先端の研究を支えています。再度、神岡からノーベル賞が出て欲しいと思います。

神岡鉱業さんの企業紹介記事はこちら

先輩社員にインタビュー

若月 紳吏さん

プロフィール

若月 紳吏さん
鉱山部 鉱山係 勤務年数 1年

趣味 スポーツ

出身高校 飛騨神岡高校

Q&A

入社したきっかけ、働いて良かったこと
地元に残って働きたい、また高校で勉強をしていた溶接などを活かせる職場という事で入社しました。
機械の修理や部品の製造をしているので完成した時やそれが現場で活かされていると思うとやりがいを感じます。
早く上司に全て任されるようになりたいと思います。

石原 政仁さん

プロフィール

石原 政仁さん
金属リサイクル工場 亜鉛製錬係 勤務年数 12年

趣味 BBQ、ドライブ、映画鑑賞、温泉

出身高校 飛騨神岡高校

Q&A

入社したきっかけ、働いて良かったこと
地元で大きな企業ですし、同級生も勤めていましたので入社しました。
亜鉛精鉱から高純度の亜鉛地金、合金を生産する現場ですので神経は使いますし難しい事もあります。
しかし工業製品など広く使用される物ですので少しでもいいものを出荷できるように心がけています。

企業情報

会社名 神岡鉱業 株式会社
所在地 〒506-1196  岐阜県飛騨市神岡町鹿間1番地1
TEL 0578-82-2230
HP https://www.mitsui-kinzoku.co.jp/group/kms/company/
企業紹介記事はこちら http://hida.webcourse.jp/company/kamiokakoubyou/
設立 昭和61年5月22日
従業員数 420名
事業内容 鉱物の採掘、製錬、加工及び販売・産業廃棄物処理業(リサイクル事業)・各種金属粉の製造

電子材料の製造および販売・水力による自家発電・地下空間利用事業・不動産賃貸業

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事