はじめに

こんにちは!
COURSE編集部 千葉です。

4月まで飛騨の先輩社員にインタビューをして社会人の本音を聞いていく連載を1年間やってきました。
今月からは新たに、高校生に向けてよりタメになる・実践したくなる情報をアップしていきたいと思っています!

さて、高校生のみなさんは入学・進級をしてもう1ヶ月が経ちました。

みなさんは今、どんな心境でしょうか?
新しい環境に慣れていく一方、進路についても色々悩める時期になるかと思います。

今回はそんなモヤモヤした心を心機一転!してしまえるかもしれない映画の名作を3選ご紹介いたします。

LIFE!(上映時間:114分/監督:ベンスティラー/2013年)

あらすじ

ニューヨークの伝統ある雑誌「LIFE」で写真管理部に勤める空想好きの平凡な主人公(ウォルター)がある事件をきっかけに現実の世界で冒険の旅に出ていくというファンタジーアドベンチャー映画。

本当におすすめです。
この編集部のスローガンが肝となってストーリーが展開していくのですが、その言葉がとても素敵なんです。
また、主人公の成長していく姿、周囲の言葉、次々と変わる世界各地の絶景など、色々なところでヒントがつまっていてその中でも後半の雪山のシーンは特に注目してほしいです。

進路関係で周りからあせらされ、自分も本気で考え始める高校という時期だからこそ観てほしい作品です。

REDリターンズ(上映時間:116分/監督:ディーン・パリソット/2013年)

あらすじ

元CIAである主人公(フランク)は、恋人(サラ)と2人で平穏な日々を送っていた。そんなある日、元相棒(マーヴィン)が現われ、主人公を新たなミッションに誘う。これをきっかけに様々なトラブルに巻き込まれてしまうというアクション映画。

とにかくド派手。
まさに心機一転にはふさわしいアクション映画は、普段の生活とは異なる緊張感とそれが終わった後の解放感によって脳のリラックス効果もあるとか。

シリーズ作品とはなっていますが、今作から観てもストーリーや設定が分かりやすく、前作よりも女性陣が華々しい活躍をみせます。
”歳を重ねる”ということにあまり良いイメージを持たない人も多いですが、この作品は登場人物のように歳を重ねるごとにカッコイイ女性・男性になりたいと思えてしまうのも魅力の1つです。

少林サッカー(上映時間:112分/監督:チャウ・シンチー/2001年)

あらすじ

20年前、「黄金の右脚」といわれたサッカーの選手(ファン)は試合中の怪我により引退してしまうのだが、その怪我は後輩(ハン)によって仕組まれたものと知る。現在は落ちぶれてしまっていたが、ひょんなことから少林拳を広めたいと願う青年(シン)と出会い、サッカーチームを結成する。そこからサッカーの大会で優勝を目指すがかつての後輩が立ちはだかるというアクションコメディー映画。

とにかく笑えてスカッとする香港映画です。
サッカーのルールが分からなくても何も問題ありません!そもそも主人公たちがサッカーを知らないのでそこからして面白いんです。
しかも1人1人キャラがかなり個性的で、友達とみんなで観るとより笑えて楽しいと思います。

また、人間は笑うとリラックスするため、笑った後は集中力や記憶力がアップするらしいのです!
日中ずっと勉強をしていてまた夜も勉強をするような時は、休憩時間に観て笑った後にまた勉強を再開するのもいいかもしれません。

まとめ

今回は【心機一転編】の映画として紹介してみましたが、みなさんはもう観たことがありましたでしょうか?

これから、楽しいことと同時に悩むことも多くなってきて、常に頑張ることが当たり前になりがちですが、休むということも大事なので自分なりのストレス発散方法を知っておくのもいいと思います。

また、映画のストーリーを通して、新しい視点で物事を見れるようになると進路もおもしろい方向へと進むかもしれません。

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事