ナベシマ・グループ

社長からのメッセージ

ナベシマ・グループ 最高経営責任者(CEO) 鍋島 徹哉さん

世代を超えて受け継がれる伝統の経営哲学

ナベシマ・グループは創業明治41(1908)年お茶の販売から始まり、来年111周年を迎えます。

長い間、商いを続けてこられたのは「人が求めている事に、応じる」という経営哲学が世代を超えて受け継がれてきたからだと感じています。

お客様が「欲しい」というモノを調達して売る。
この理念は「鍋島甚三郎商店」を創業した甚三郎の父である甚兵衛が行商人をしていた時から受け継がれているものです。

現在は「アメニティーな社会の創造に役立つ」という基本理念のもと5つの会社がそれぞれの分野において、安全で心地よい社会に貢献できるように、結びつきながら業務を行っています。

具体的には環境に配慮した包装資材の販売、火薬類の運搬、建造物解体工事、建設工事、土木工事、ガラス資源リサイクル、土壌汚染調査、心を楽しませるお茶の販売、玩具用花火の販売、打上げ花火の施行など数多くの事業を行っています。

長い歴史の中でもグループの大きな飛躍となった出来事は東京への建設業進出です。

高度経済成長に沸く東京での事業展開に挑戦し続け、根付かせることに成功しました。
東京の市場規模は大きく先見の明がありました。

その後も、バブル崩壊など幾多の試練に遭遇しますが、時代ごとの社会背景とニーズに合わせることで乗り越えてきた先代達の経営哲学に学び、常に新しいモノを作り、時代に応じて姿を変えながら社会に必要とされる企業であること。

それが私たちナベシマ・グループが継承し続けてこられた理由であり、財産でもあると思っています。

ナベシマ・グループさんの企業紹介はこちら

先輩社員にインタビュー

谷向 優也さん

プロフィール


   

谷向 優也さん

《㈱テクノエコ》

勤務年数 :1年
趣  味 :読書(マンガ、小説)
出身高校 :高山西高等学校

Q&A

会社に入ったきっかけ
地元で環境保護に関わる仕事を探していた時、廃ガラス瓶を「スーパーソル」という土壌還元型資材にリサイクルしている事に惹かれ入社しました。
今は東海北陸自動車道の4車線化に携わり、後世に残る仕事にやりがいを感じています。
仕事を通じて報告・連絡・相談の重要性を学んだことが一番大きいことです。
来月2つの資格試験を控え勉強中です。

井上 謙吾さん

プロフィール


   

井上 謙吾さん

《㈱なべしま銘茶》

勤務年数 :10年
趣  味 :パソコン、映画、ゲーム
出身高校 :斐太農林高等学校

Q&A

良かったこと・学んだこと
インターネット販売に関わる仕事をしたいと思い入社しました。
お茶屋での業務のため、ネット販売以外にも法事や季節のギフト、地域の伝統行事など人と接する仕事も多く、高山の伝統や文化など勉強になることが沢山あります。
小学校まで名古屋にいましたので飛騨の自然の恵み、特に水の美味しさは素晴らしいと感じています。

堀田 和樹さん

プロフィール


   

堀田 和樹さん

《㈱なべしま》

勤務年数 :15年
趣  味 :登山、筋トレ、ランニング
資  格 :煙火打上・手筒花火師
出身高校 :飛騨高山高等学校

Q&A

良かったこと・学んだこと
長年にわたり地元で根をはる企業でしたので入社を希望しました。
食品包装資材の販売に携わり、地元のスーパー、飲食店、青果生産者の方など幅広く様々な業種の人と繋がりが持てる事が楽しく、やりがいを感じています。
担当エリア内を自由に営業ができ、新しいお客様と取引させていただけると非常に嬉しいです。

企業情報

会社名 ナベシマ・グループ
所在地 〒506-0045 岐阜県高山市赤保木町233番地
TEL 0577-34-1226
HP http://www.nabesima.co.jp/
企業紹介記事はこちら http://hida.webcourse.jp/company/nabesimagroup/
設立 昭和40年8月30日
従業員数 65名
事業内容 サービス業、不動産管理、建設業、地質調査業、卸売販売業、火薬類販売、お茶加工販売

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事